湿地について

ホーム » 湿地について

湿地はしばしば「不毛の大地」とみなされ、開発などの土地利用のために水を抜いたり、改変されたりしています。1900年以降、排水や土地改変により64%以上の湿地が失われました。さらに、残された湿地の多くでも、環境が悪化しています。淡水によって成り立つ自然は大幅に衰退しています。湿地が失われることにより、人々の快適なくらしも脅かされます。水や土地、食べ物の需要が増えることに加え、気候の変動が激しくなることにより、湿地は重圧にさらされます。