日本のラムサール条約登録湿地

ホーム » ブログ » 健全な湿地の自然 » 国際水鳥センサス » 日本のラムサール条約登録湿地
ブログ

日本にラムサール条約登録湿地は何ヶ所あるか知っていますか?

 

2018年5月現在、50ヶ所です。

10月にはアラブ首長国連邦のドバイで第13回締約国会議(COP13)が開催されますが、日本から何ヶ所の湿地が新たに登録されるのか気になるところです。

日本国際湿地保全連合では、様々な場面で条約湿地の位置図を使います。プレゼンテーション等の図用にイラストレーターでも作成しています。これらのファイルを公開いたします。レイヤーに第1回から第12回までの締約国会議順に登録湿地を分けています。ZIPファイル内には、EPS、PDF、JPEG形式のファイルを格納しています。日本語版と英語版があります。
これらの作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
 

Ver2 の変更点は以下の通りです(2018年5月31日更新)。

ポイント1:以下の湿地について区域拡張情報をレイヤーとして追加。(画像では非表示)
釧路湿原  (1980年登録、1999年拡張)
厚岸湖・別寒辺牛湿原  (1993年登録、2005年拡張)
琵琶湖  (1993年登録、2008年拡張)
慶良間諸島海域  (2005年登録、2015年拡張)※Ver1で既に入っていた情報

ポイント2:EPSファイルは以下の形式を格納。
CC, CS6, CS5, CS4の4種類のEPSファイル

 

日本語版

 

Ver1のファイル

英語版

 

Ver1のファイル

 

 

 

コメント欄から離れる