活気に満ちた海岸とデルタ

ホーム » 主な活動 » 活気に満ちた海岸とデルタ

デルタや沿岸のマングローブや干潟、塩生湿地や海草藻場は、何百万人もの人々に、貴重な収入源を提供し、暴風雨や洪水の脅威から人々を守ります。したがってデルタや沿岸の自然は、都市部と農村部のどちらにおいても、安全と経済的繁栄の基礎となっています。国際湿地保全連合は、これらの湿地を保全、再生することで、レジリエンスの高い海岸景観や、そこにある独自の生物多様性を保全するという目標に向かって活動しています。

沿岸の湿地は、魚介類の生育場として機能し、農業用水を供給し、土壌を形成し、暴風雨から守り、膨大な量の炭素を貯蔵し、木材や薬草を供給します。陸と海をつなぐ湿地は、数多くの動植物のすみかです。

残念なことに、沿岸域の湿地の60%以上は、すでに深刻な悪化が進んでいます。インフラ開発のために失われる湿地は、急速に増加しています。その結果、侵食海岸の氾濫や塩害などの危機と同様に自然資源の崩壊が、沿岸に住む人々のレジリエンスにますます影響を与えています。特に低標高の平地では、この弱体化の複合要因にさらに気候変動の影響が加わっています。

沿岸域の湿地が提供してくれる貴重な資源を維持するには、どうすればよいか? 減災・防災や気候変動への適応に関する戦略に、生態系管理を組み込むにはどうすればよい? そしてこのように人口密度が高い地域の開発や経済成長のための目的に、湿地保全の目標を沿わせるには、どうすればよいか?

私たちの戦略は、まず最初に広い視野で沿岸域の湿地を見渡すことです。つまり、沿岸域の湿地がその上流にある地域と海洋をどのようにつなげているのかを理解することです。そして、これらの広い景観において、さまざまな脅威がどのように発生するのかを理解し、湿地がその境界を超え、さまざまな価値を広範囲にもたらす仕組みを明らかにします。そして私たちは、これらの複雑な環境の中でそれぞれの役割を果たす、すべての関係者と協力しながら活動します。

私たちの活動の柱のひとつは、高い価値を持ち、脅威にさらされている合理的に損なわれていない沿岸の湿地やデルタを守ることです。たとえば米の栽培や水産養殖のために集中的に利用される農漁村地域では、沿岸域の生態系の維持や再生がどのように持続可能な経済成長やレジリエンスの強化に貢献できるかを示すことを目指しています。浸食の進む田舎の海岸や都市複合企業のような環境の悪化や改変が著しい地域では、安全で生産性の高い沿岸域を実現するための革新的かつ効果的なアプローチとして、グリーンインフラや「Building with Nature(自然を生かした土地開発)」の利用を推進します。デルタ地域では、統合的沿岸資源管理アプローチを支援して、前述の取り組みの組み合わせを推進します。

例によって私たちは、研修、相互対話、計画づくりにおいて地域社会、行政官庁、民間企業と連携し、私たちの活動が模倣され拡大されるよう、人々の興味を引きます。

活動と成果