かけがえのない泥炭地

ホーム » 主な活動 » かけがえのない泥炭地

世界各地の黒い酸性水を含んだ泥炭地が、地球上で最も貴重な宝のひとつと考えられるのはなぜでしょう?泥炭地を守ることで、何百万トンもの二酸化炭素を削減し、大洪水を防ぎ、世界でもっとも生物多様性の高い地域の一つを守り、何百万人もの人々に安定した水を供給することができます。国際湿地保全連合は、北極から熱帯にかけて、そして高山から海にかけて広く存在するこのかけがえのない宝を維持していくことを目指します。

泥炭地は世界全体で約4億ヘクタールの広さをもち、世界の湿地のおよそ半分に相当する面積を占めています。5000万ヘクタールを超える泥炭地がすでに集約農業や林業のために用途転換され、状況が悪化しています。

この結果、生物多様性は甚だしく消失し、相当な量の温室効果ガス(GHG)が排出され、地域経済と住民の健康に悪影響を及ぼす大規模な泥炭火災が生じています。土地用途の転換はまた、広範な沿岸域の低地の地形の沈降を引き起こし、洪水の危険性を増大させ、肥沃な土地を失う結果となっている。

それゆえ私たちは、泥炭地の価値に対して世界的な注目を集めることを目指すとともに、持続的な泥炭地管理への移行を支援します。私たちは泥炭地目録作成、アセスメント、モニタリング、主要関係者の人材育成などを行い、泥炭地の保全・再生のための優先すべき行動を特定します。私たちはまた、地域社会に経済的繁栄をもたらすため、産業のために持続可能な資源基盤を提供し、責任ある泥炭地利用のための革新的な機会を特定します。

私たちの活動における重要な着目点は、泥炭地の賢明な利用のため、効果的な政策や実践に刺激を与えることです。私たちの科学的かつ実践的な知識に基づき、パーム油、パルプ、泥炭などの産業サイクルの持続性を高め、行政や条約による行動を促すことに貢献します

持続可能な泥炭地管理に転換するため、力を貸してください。