青木 美鈴

Home » 青木 美鈴

主任研究員

Wetlands International Japan

2012年6月から日本国際湿地保全連合の一員となりました。環境省の生物多様性センターが実施するモニタリングサイト1000沿岸域調査を担当しています。

琉球大学では主に海洋生物の保全遺伝学を専攻し、特に島嶼における集団のメタ個体群構造を考慮した種の保全を目指した研究に取り組んでいました。博士課程での研究は、絶滅危惧種シオマネキの生活史特性及び遺伝的集団構造の種内変異について調査していました。現在の最大の関心は干潟を保全する方法です。