12 Aug 2021
2020年度 成果報告会

Home » イベント » 健全な湿地の自然 » 湿地の価値、状態、変化の傾向 » 2020年度 成果報告会
イベント Date: 12/08/2021
Venue: ZOOMミーティング

特定非営利活動法人 日本国際湿地保全連合の
2020年度成果報告会を開催します。

当団体の方向性や活動内容を知っていただき、フィードバックをいただく機会にしたいと考えております。

基本的には、どなたでも無料で参加可能です。

●団体概要

日本国際湿地保全連合は、湿地に特化した環境NGO、Wetlands Internationalの日本支部として、世界的に減少している湿地の保全や再生を図り、賢明な利用を促進することを目的に、調査・研究や情報収集、普及啓発等の活動を行っています。また、日本におけるラムサール条約のCEPA(コミュニケーション、能力養成、教育、参加、普及啓発)のNGOフォーカルポイント(担当窓口)の役割を担い、官庁や地方自治体が推進する湿地政策の支援やラムサール条約登録湿地に関する情報発信を行っています。

●日時

2021年8月12日(木曜日) 15:00~17:00

●開催方法

Zoom ミーティング(要事前登録:以下URLからお申込みください)
https://forms.gle/5wfMMZLMAL8xZKSs9
※開催の2~3日前に、ZoomのURLとパスワードをお送りします。

●プログラム

イントロダクション
15:00 ~ 15:15  横井謙一|日本国際湿地保全連合の役割と方向性
成果報告(質疑応答を含む)
15:15 ~ 15:45  青木美鈴・上野綾子・金子誠也・髙木香里|研究者主体の生物多様性長期モニタリング(モニ1000)
15:45 ~ 16:15  長倉恵美子|気候変動適応および防災・減災に対する湿地の役割とその活用
16:15 ~ 16:45  佐々木美貴・長倉恵美子・朴 惠眞|ラムサール条約の政策支援と普及啓発
フィードバック
16:45 ~ 16:55
閉会挨拶
16:55 ~ 17:00  会長 星野一昭
多くの方のご参加をお待ちしております。