2017年 5月22日(月)に 下記住所に事務所を移転いたしました

<新住所> 〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町17-1城野ビルⅡ 2階

日本国際湿地保全連合 ホームページにようこそ!

日本国際湿地保全連合(WIJ)の活動

WIJでは、湿地の生物多様性保全とワイズユースの実現を目的に、主に沿岸域や汽水域での生物調査、湿地と人間の関わりの事例収集、及びラムサール条約の交流・教育・参加・普及啓発(CEPA)活動を行っています。

お知らせ(最新記事5件を表示しています)

開催報告 第8回 Wet.CAFE ガタガールの秘密に迫る

2017年8月19日(土)にWet. CAFEを開催しました

<参加募集>8/19 Wet. CAFE

第8回 Wet. CAFE ガタガールの秘密に迫る

プレスリリース 「ウォーター・ショック:サヘル地域における湿地と人間の移住」報告書を発表

サヘル地域における湿地劣化が生活を破綻させ、アフリカからヨーロッパへの移住を余儀なくさせていることを国際湿地保全連合が報告 ベルギー、2017年5月3日/PRニュースワイヤー/ --

<参加募集> 6/10 Wet. CAFE

第7回 Wet.CAFE ドジョウの泥沼~身近な淡水魚の秘密~

<参加募集> 12/18シンポジウム

東京湾の再生と葛西三枚洲 ~ラムサール条約への登録をめざして~

WIJの活動を応援する

★寄付★

アジア湿地シンポジウム2017

11月7日 -11日 @佐賀

シンポジウムの詳細は → こちら 

 

干潟ベントスフィールド図鑑

≪ 絶賛発売中!! ≫

干潟に棲む貝やカニやゴカイなど、ベントス(底生生物)の写真、同定ポイントが書かれたポケットサイズの図鑑

~お買い求めはこちら

★直接販売希望の方はお電話ください

 日本国際湿地保全連合(WIJ)

WIJは、湿地の生物多様性保全とワイズユースの実現を目的に、調査研究及び普及啓発活動を行っているNPO法人です。

「湿地」( wetlands )

淡水や海水により冠水する、あるいは定期的に覆われる低地のことです。身近な例を挙げると、淡水の湿原、湖沼、河川、マングローブ林、干潟、サンゴ礁、水田、ため池、水路、ダム湖などが含まれます。

Twitter

TweetId: 920615137538596864 日本国際湿地保全連合(WIJ) WetlandsIntJ WetlandsIntJ 全くわかってません。新産種が出ても外来か在来かの議論は基本的になされません。そういう段階です。 でも、アクアリウム用水草のコンタミとして日本に入ったものが既にどこかに逸出しててもおかしくありませんね。 https://t.co/5anHFrzdYr 18-10-17 11:38
TweetId: 920601048187727872 日本国際湿地保全連合(WIJ) WetlandsIntJ WetlandsIntJ 大型淡水藻類の外来種は報告されはじめたばかり。研究はまだまだこれから始まる。 https://t.co/dFXnCk2wX3 18-10-17 10:42
TweetId: 920558752826195968 日本国際湿地保全連合(WIJ) WetlandsIntJ WetlandsIntJ ホシツリモの空気暴露実験! 目的は「この外来種ってどれくらい乾燥に強い(弱い)んだろう」ってことだと思うけど、もし「水中以外でも意外と生きてる」みたいな結果が出たら、有性生殖を忘れてムカゴだけに頼っているホシツリモの隔離分布が説明… https://t.co/o4SZMOyOZE 18-10-17 07:54