事務局

団体名: 特定非営利活動法人 日本国際湿地保全連合
英 名: Wetlands International Japan (WIJ)
住 所: 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3-7-3 NCC人形町ビル6F
TEL:03-5614-2150
FAX:03-6806-4187
e-mail:  info (@) wi-japan.org  ※( )を外してお送りください

 
WIJの役割 (設立目的)

湿地が人間生活にかかせない重要な水資源の供給の場であることを踏まえ、重要な湿地及び湿地における生物多様性の保全の推進、ならびに、湿地保全の普及啓発を通して地球環境の保全を図ることを目的とする。主として以下の活動を行う。

(1) 国内外の湿地及び湿地における生物多様性の保全に関わる調査・研究事業。

(2) 国内外の湿地及び湿地における生物多様性の保全に関わる情報提供事業。

(3) 国内外の湿地保全活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は技術提供等による支援事業。

(4) ホームページ及び出版、物品の提供等、湿地の重要性に関する普及啓発事業

 


沿革

  • 1977(昭和52)年11月 国際水禽湿地調査局(IWRB)日本委員会として設立
  • 1996(平成8)年3月   IWRBが国際湿地保全連合(WI)の改組に伴い、国際湿地保全連合日本委員会(WIJ)に改名
  • 2004(平成16)年8月  特定非営利活動法人格を取得 現在の「特定非営利活動法人日本国際湿地保全連合」(WIJ)となる

WIJは、国際水禽湿地調査局(IWRB)日本委員会を前身としています。(IWRB)日本委員会は、湿地保全に取り組む国内のNGOの連合体として1977年に設立し、日本のラムサール条約批准を推進する母体となりました。(日本のラムサール条約加盟は1980年)こうしたNGOの多くは、現在WIJの会員団体となっており、協力が続いています。