Ramsar Convention

ラムサール条約とは?

 

1971年、イランのラムサールという町で、水鳥と湿地に関する国際会議が開催され、「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」が採択されました。採択された町にちなみ、「ラムサール条約」と呼ばれるようになったこの条約は、生物多様性に富んだ重要な湿地を世界各国が保全し、湿地の恵みを賢明に利用していくことを目的としています。日本は1980年に締約国となりました。

 

なぜ湿地の保全に国際的な条約が必要なのでしょうか。それは、水の循環や、渡り鳥や魚などの生物の移動を仲立ちに、湿地が他の国・他の地域の生態系とつながっているためです。自分の住む地域の湿地を保全することは、この地球上の他の生態系を支え、ひいては私たち人間の生きやすい環境を保全することになるのです。

 

つまり、ラムサール条約は、水鳥保護をひとつの目標にしていますが、肝心なのは同時に水鳥の生息地である湿地の保護を正面からうたっている点で意味があります。


条文の前文はその点を、「締約国は、人間とその環境とが相互に依存していることを認識し、水の循環を調整しているものとしての湿地の及び湿地特有の動植物特に水鳥の生息の湿地の基本的な生態系的機能を考慮し、湿地が経済上、文化上、科学上及びレクリエーション上大きな価値を有する資源である」と強調しています。

 

 

関連リンク:

◆環境省自然環境局「ラムサール条約と条約湿地」

...環境省でラムサール条約を担当する自然環境局のHP。同条約に関する説明や、ラムサール条約の全文(和訳)など各種資料が閲覧できます。

◆The Ramsar Convention Secretariat (English)

...ラムサール条約事務局のHP。条文はもちろん、条約の歴史、各締約国会議の決議文などが集積されています。 

◆Ramsar Site Information Service (ラムサール湿地情報サービス、英語)

...条約湿地のデータベースを検索・閲覧することができる、条約がWIに委託するオンラインサービス。

◆琵琶湖ラムサール研究会

...湿地保全に関わる人だけでなく、一般のすべての人がラムサール条約を理解し活用できるようにすることを目的とした、同研究会のHP。